>
Investment News
米商務省が17日発表した10月の住宅着工件数(季節調整済み)は年率換算で前月比13.7%増の129万戸と、戸数ベースで2016年10月以来、1年ぶりの高水準となった。米南部を襲ったハリケーンの影響が薄れ、洪水被害を受けた家を買い換える動きが出たためとみられる。市場予想は118万5000戸だった。
東芝は、海外の複数の投資家を引受先にした6000億円の第三者割当増資を実施する方向で最終調整に入った。20日に開く取締役会で決議する。この資本増強で来年3月末に債務超過となる可能性はなくなり、上場廃止は回避できる見通しだ。複数の関係筋が明らかにした。引受先となるのは海外の年金基金や機関投資家など複数の投
米国株式市場は共和党の税制改革法案の行く末に懸念が出ていることで、主要3指数が揃って下落して終了した。米議会下院は前日、税制改革法案を賛成227、反対205の賛成多数で可決。法案の審議は上院に移った。ただ税制改革を巡ってはロイター調査で約60人のエコノミストの約3分の2が同法案の年内成立
中国人民銀行(中央銀行)は17日に公表した第3・四半期の金融政策報告のなかで、穏健で中立的な金融政策を維持するとともに、流動性状況を安定化させるとの方針を示した。 人民銀はまた、人民元の双方向への柔軟性を増大させながら相場を安定的に維持するとの方針も表明。中国の供給サイドの改革と質の高い経済成長に
世界最古の『易経』をベースに1万人のサンプリングを体系化した「9code(ナインコード)占い」を初公開!「水の一白」「大地の二黒」「雷の三碧」「風の四緑」「ガイアの五黄」「天の六白」「湖の七赤」「山の八白」「火の九紫」など人間は9タイプしかない!2034年までの幸運バイオリズム付き!
<為替> ドルが主要6通貨バスケットに対し下落。米債利回り低下や米税制改革実現を巡る不透明性が圧迫材料となった。ロシアの米大統領選干渉疑惑を捜査するモラー米特別検察官がトランプ陣営に対し、文書の提出を求める召喚状を出したとのニュースもドル売りにつながった。ブラウン・ブラザーズ・ハリマンの
ニューヨーク外為市場では、ドルが主要6通貨バスケットに対し下落。米債利回り低下や米税制改革実現を巡る不透明性が圧迫材料となった。ロシアの米大統領選干渉疑惑を捜査するモラー米特別検察官がトランプ陣営に対し、文書の提出を求める召喚状を出したとのニュースもドル売りにつながった。終盤の取引で、ド
<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。週間ベースでは約0.7%低下し、2週連続でマイナスとなった。南アフリカの医療機関運営メディクリニック・インターナショナル(MDCM.L)は4.0%下落。メディクリニックは英国第2位の病院グループ、スパイア・ヘ
新著『人生、余裕で生きる極意』を出版した人気書道家の武田双雲氏が教える、人生から「困ったこと」が限りなくゼロになる極意。今回は、朝からイヤな気分になるような面倒な仕事を、楽しい時間に変えてしまうコツをお教えしましょう。
東海道山陽新幹線のぞみの光触媒式空気清浄器、成田国際空港の光触媒テント、丸ビルの光触媒ガラス、日光東照宮の防カビ、光触媒蚊取り器等、日本発のクリーン技術として光触媒は急ピッチで普及。ノーベル化学賞候補による書きおろし!光触媒の基本から最新事例まで完全図解!研究50年の永久保存版!
遺言は一部のお金持ちや高齢者のものと思い込んでいるが、そんなことはない。実は、15歳からできる、もっと身近な法律行為だったのだ!
中国が先週、金融機関に対する外資の出資規制緩和を発表した。中国による金融セクターの一段の開放を長年夢見てきた関係者の間で、このタイミングを予想していた人は少数だ。ただ早速機会を生かそうという向きはもっと少ないだろう。理論上は、中国の商業銀行への外資系銀行の出資比率は現行上限の20%から引き上げられる。ま
これまで、気が遠くなるほど長い歴史を歩んできた地球。多くの命が栄えては散り、散っては栄えを繰り返してきた。 その中で普遍の真理とは、生物は結局「強くなければ、生き残れない」ということである。しかし、そもそも強さとは何なのか?
30~40歳代の若年の男性で、個人的に老後資金を準備している人は概ね6~7割。多くの人が保険や預金といった定額の商品を利用している(生命保険文化センターより)。でも本当に、老後資金の準備は保険・預金で十分なのだろうか?
日本中を熱狂させた村田諒太選手の世界タイトル獲得。読書家としても有名な彼が大いに影響を受けたのがマイク・タイソンの自伝『真相』です。なかでも彼が最も印象に残ったというタイソンとその師の交流について、同書より3回にわたってご紹介します。今回は二人の出会いの場面から。
トヨタ自動車(7203.T)とスズキ(7269.T)は17日、2020年ごろのインド市場への電気自動車(EV)投入に向けた提携の検討で合意したと発表した。両社は2月に業務提携に向けた覚
1972年に「あさま山荘事件」を起こすなど、あの時代に強烈なインパクトを残した極左暴力集団(過激派)の一つ、連合赤軍。殺人罪、死体遺棄罪、強盗致傷罪など計31の訴因で起訴され、懲役20年の刑を受けた元連合赤軍活動家、植垣康博さんに左派の衰退や事件について聞いた。第2弾のテーマは出所後の20年、左派政党、憲法など。
週刊ダイヤモンド11月18日号の特集は「右派×左派 ねじれで読み解く企業・経済・政治・大学」。“ネトウヨ”(ネット右翼)の台頭など社会全体の右傾化が叫ばれて久しい。政治の世界でも憲法改正を掲げる安倍政権の1強が続く。だが、こうした右傾化、保守化の動きに、当の右翼団体が実は違和感を感じている。今も民族派運動を続ける蜷川正大氏に話を聞いた。
テレビで話題沸騰の「伝説の家政婦」初の著書!いつもの冷蔵庫の食材が簡単!贅沢レシピに大変身!にんじんがキャロット・ラぺに、じゃがいもがピュレに、鶏肉をタンドリーチキンに、トマト缶はラタトュイユに。もう献立に迷わない!
米通商代表部(USTR)は17日、北米自由貿易協定(NAFTA)見直し交渉の目的を改正したと公表、農業や知的財産、投資分野を巡る交渉での要求内容をおおむね反映させた。カナダに対し乳製品や鶏肉、卵製品に課す輸入関税をおおむね撤廃するよう求めた米国の提案内容に合わせた。目的には農業アクセスや
Investment Dashboard