>
Investment News
役員人事に関するお知らせ 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)PDFをダウンロード
欧州中央銀行(ECB)の資産買い入れを巡り、対象となる独連邦債の不足が差し迫った問題となっており、大幅な延長は困難な状況であることが、関係筋の話で分かった。延長かテーパリング(段階的縮小)かを判断するに当たり、最も大きな検討課題になるという。ECBが買い入れることのできる独連邦債は、遅くとも来年半ばには
米セントルイス地区連銀のブラード総裁は、米連邦準備理事会(FRB)はインフレ率が確実に目標の2%に向かうとの一段の確信が得られるまで追加利上げを見送るべきとの認識を示した。米成長率も2%程度にとどまっており、トランプ政権による経済政策が早期に成長押し上げにつながるとは見込みにくいと指摘。検討されている税
米国株式市場は上昇。金融株が軟調となったものの、ハイテク株に買いが入り、ナスダックは週足で3週間ぶりに上昇した。また、FTSEラッセル指数の年次指数調整を背景に、取引終盤にかけ活況となった。アップル(AAPL.O)、フェイスブック(
お友だちの少ない人、いない人が盛大な結婚式を挙げたらどうなるか――?中国陜西省で挙式したあるカップル。新郎は200人もの友人・知人を招待した。新婦は、夫となる人の招待客一人ひとりに挨拶をしてまわった。が、どうも様子がおかしい。
今後は大量生産型ではなく顧客の個別ニーズをくみ取った商品やサービスづくりが主流になる。それを踏まえた戦略策定と実行は多くの企業の急務だ。そのための強力なヒントになるビジネスモデルが、実は意外なところにあるのをご存じだろうか。350年の伝統を誇る京都・花街(花街)の「お茶屋」である。
欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は、経済は拡大し失業率も低下しているが、賃金の伸びがなお弱く、基調のインフレ率はまだ上昇していないとの認識を示した。欧州連合(EU)首脳会議の場で、経済状況を説明した。総裁は鈍い物価上昇を踏まえると、金融緩和策は当面維持されるとの考えを示した。ただ、賃金は今後数カ月に上
<為替> ドルが主要通貨バスケットに対し下落、1日としては3週間ぶりの大幅な下げとなった。足元のインフレ指標が弱く、米連邦準備理事会(FRB)が年内追加利上げに踏み切れるか懐疑的な見方が根強い。主要6通貨に対するドル指数は0.35%低下の97.248。ユーロ/ドルは0.44%高の1.1198ドル。ドル/
終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが主要通貨バスケットに対し下落、1日としては3週間ぶりの大幅な下げとなった。足元のインフレ指標が弱く、米連邦準備理事会(FRB)が年内追加利上げに踏み切れるか懐疑的な見方が根強い。主要6通貨に対するドル指数は0.35%低下の97.248。ユーロ/ドルは
米クリーブランド地区連銀のメスター総裁は、最近のインフレ鈍化は一時的な公算が大きく、金融政策を引き締める「差し迫った必要性はない」が、米連邦準備理事会(FRB)は利上げを遅らせてはならないとの認識を示した。総裁は記者団に対し、「行動を起こす差し迫った必要性はなく、われわれは後手に回っているとも思わないが
恋人との記念日やプロポーズ場所として人気の「ヘリコプター遊覧サービス」を安く利用できる裏ワザを解説! 空から夜景を見下ろせるヘリコプタークルージングをお得に利用しよう! 福利厚生サービスの「J’sコンシェル(ベネフィット・ステーション)」と「クラブオフ」のそれぞれでは、ヘリコプター遊覧サービスを優待料金で利用できる特典を使える。また、「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」の「ラグジュアリー・フライト」やMastercardの「Taste of Premium」というサービスでは、ヘリコプター遊覧サービスのグレードアップ特典を利用できる。どの特典を使えば、ヘリコプター遊覧サービスをお得に利用できるか解説!
6月も終盤にさしかかり、ぼちぼちボーナスの時期。会社員のボーナスの多寡に影響する日頃の人事評価には、実は会社と社員の間に想像以上の「認識のギャップ」がある。巷にあふれる会社員の「嘆き」に耳を傾けよう。
欧州中央銀行(ECB)は23日、経営難のイタリアの地銀2行、ベネト・バンカとバンカ・ポポラーレ・ディ・ビチェンツァについて、両行は破綻しつつあるか、破綻する公算が大きく、清算されるとの判断を下した。ECBは「両行に対し資本計画を提出するための時間を与えたが、信頼のある解決法を提示することができなかった」
同じ男性が複数の女性をとっかえひっかえ「妻」にすることを「時間差一夫多妻制」と呼ぶそうです。子どもがいて離婚する場合、子どもの父親である男性には養育費が発生します。今回は年収1000万円を超える富裕層である会社経営者、会社員、医者が父親である子どもの養育費の実態について取り上げたいと思います。
同じ男性が複数の女性をとっかえひっかえ「妻」にすることを「時間差一夫多妻制」と呼ぶそうです。子どもがいて離婚する場合、子どもの父親である男性には養育費が発生します。今回は年収1000万円を超える富裕層である会社経営者、会社員、医者が父親である子どもの養育費の実態について取り上げたいと思います。
■ 買い予想数上昇(最新48時間) (銘柄コード) 銘柄   市場    [ 割安/割高 ] (3825) リミックスポイント 東証マザーズ     [ 分析中 ] (7312) タカタ      東証1部       [ 分析中 ] /sto...
■ 買い予想数上昇(最新48時間) (銘柄コード) 銘柄   市場    [ 割安/割高 ] (3825) リミックスポイント 東証マザーズ     [ 分析中 ] (7312) タカタ      東証1部       [ 分析中 ] /sto...
■ 買い予想数上昇(最新48時間) (銘柄コード) 銘柄   市場    [ 割安/割高 ] (3825) リミックスポイント 東証マザーズ     [ 分析中 ] (7312) タカタ      東証1部       [ 分析中 ] /sto...
■ 買い予想数上昇(最新48時間) (銘柄コード) 銘柄   市場    [ 割安/割高 ] (3825) リミックスポイント 東証マザーズ     [ 分析中 ] (7312) タカタ      東証1部       [ 分析中 ] /sto...
■ 買い予想数上昇(最新48時間) (銘柄コード) 銘柄   市場    [ 割安/割高 ] (7312) タカタ      東証1部       [ 分析中 ] (3825) リミックスポイント 東証マザーズ     [ 分析中 ] /sto...
世界の現場で1万人以上の日本人をグローバル人材に育ててきたトッププロであり、『世界のどんな職場でも評価される 無敵の働き方』(朝日新聞出版)の著者でもある篠崎正芳さんが、世界のどんな職場でも評価される秘訣のひとつとして「80文字を目安に句点(。)をつける」を教えてくれた。
■ 買い予想数上昇(最新48時間) (銘柄コード) 銘柄   市場    [ 割安/割高 ] (3825) リミックスポイント 東証マザーズ     [ 分析中 ] (3646) 駅探       東証マザーズ     [ 割高 ] /stoc...
■ 買い予想数上昇(最新48時間) (銘柄コード) 銘柄   市場    [ 割安/割高 ] (3825) リミックスポイント 東証マザーズ     [ 分析中 ] (3646) 駅探       東証マザーズ     [ 割高 ] /stoc...
■ 買い予想数上昇(最新48時間) (銘柄コード) 銘柄   市場    [ 割安/割高 ] (3825) リミックスポイント 東証マザーズ     [ 分析中 ] (3646) 駅探       東証マザーズ     [ 割高 ] /stoc...
優待名人として知られる個人投資家・桐谷さんが、いかにして「億」の資産を築いたのか、秘訣を大公開!現在発売中のダイヤモンド・ザイ8月号では、「株で1億円作る!」と題した特集を掲載。株で億を作るための心得や、実際に億の資産を築いた投資家に取材して導き出された、成功するための法則、成長株の発掘法などを紹介している。今回は、億を築いた勝ち組投資家の一人である、ご存じ桐谷さんの匠ワザを紹介。優待のイメージが強いが、実は株価が2倍、3倍にもなる株を多数発掘してきた桐谷さん。自身の手法を惜しげもなく公開してくれた!
黙々と「ひとり酒」を楽しむ女性の姿を描いた話題の漫画『ワカコ酒』。2011年に連載が始まった同作は、アニメや実写ドラマになるほどの人気に。しかし、作者の新久千映さんは、『ワカコ酒』の根底には「10代の頃に悟った幸福論がある」と語る。『ワカコ酒』誕生の経緯や「内向的」だと語る自身の人生観について聞いた。
日経平均株価に採用されている225銘柄の割安度・割高度ランキングを発表!「理論株価」と実際の株価を比較して、もっとも割安&割高な銘柄を公開します! ダイヤモンド・ザイ8月号では、恒例の「全上場銘柄の理論株価」を掲載。その中から、今回は日経平均採用の225銘柄で、実際の株価と「理論株価」を比較して「割安度が高い銘柄」と「割高度が高い銘柄」のランキングを紹介!
メルケル独首相は23日、米国が公正な通商を行わない場合、欧州は相互主義をもって対応するとの立場を示した。欧州連合(EU)加盟28カ国はこの日の首脳会議で、EU、および執行機関である欧州委員会が政府調達と投資における相互性の拡大について検証する必要があるとする文書に署名。メルケル首相は「相
米クリーブランド地区連銀のメスター総裁は23日、米経済は良好に推移しており、連邦準備理事会(FRB)は雇用やインフレで後手に回らぬよう、利上げを継続していく必要があるとの見解を示した。メスター総裁は、利上げは「経済の健全な状況を維持することが目的で、拡大を減速させるためのものではない」と指摘。「現時点で
中期、短期トレンド下降期間入り 日中だいぶ暑くなって来て夏が近づいて来たような感じがひしひしとしてまいりました。 夏枯れ相場になるのはまだ先のことですが、相場の方は活況で個別株の物色が続いています。 マザーズ指数も好調で最高値を更新しようという勢いでバイオやゲームなど幅広く値をとばす銘柄が出ています。 この活況な相場をこれから始まる上昇相場の初動と捉えるか、4月半ばか...
Investment Dashboard