>
Investment News
米商品先物取引委員会(CFTC)が26日発表した、IMM通貨先物の非商業(投機)部門の取組(5月23日までの1週間)によると、投機筋のユーロの買い越しポジションが6万4845枚と、2014年3月以来の高水準となった。仏大統領選が無事終わり、ユーロ圏の経済指標が堅調な中、ユーロは今月に入り2.6%上昇。欧
人事異動について 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)PDFをダウンロード
先の韓国大統領選挙戦は、まれに見る盛り上がりぶりだった。選挙に国民の関心が向くこと自体は歓迎すべきだが、その陰ではソーシャルメディアを中心に大量のフェイク(虚偽)ニュースが飛び交い、大きな混乱が生じていた。スマートフォン時代の選挙で起こった事態の顛末を紹介したい。
楽天証券のiDeCoなら、運営管理手数料(口座管理料)が残高を問わず誰でも無料! 投資信託も、信託報酬をおさえたものをラインナップしているので、投資初心者でも安心して始められます。
『人とくるまのテクノロジー展2017名古屋』出展のご案内 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)PDFをダウンロード
資本金の額の減少及び剰余金の処分に関するお知らせ 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)PDFをダウンロード
 午後1時現在の東証1部の値上がり銘柄数は1107、値下がり銘柄数は752、変わらずは153銘柄だった。業種別では33業種中、21業種前後が高い。値上がり上位にその他製品、食料品、サービス、小売、電力ガス、水産など。半面、値下がりで目立つのは鉄鋼、鉱業、海運、不動産など。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
 アイロムグループ<2372.T>が6日続伸。前週末26日の取引終了後、18年3月期の連結業績予想の修正を発表し、最終利益を5億円から10億円(前期比4.9倍)へ上方修正したことが好感されている。なお、売上高は95億円(同94.3%増)、営業利益は8億円(同3.8倍)で据え置いた。  同社の100%子会社のアイロムO...
億を稼ぐ個人投資家に聞いた、ネット証券「スマホ株アプリ」の活用テクを大公開! ダイヤモンド・ザイ7月号は、「ネット証券選びの新常識」を紹介する特集を掲載。リアルタイム株価、板注文、保有銘柄内ランキング、株主優待品情報……など株アプリが進化し続けているが、最強アプリはどれなのか。今回は特集のなかから、億を稼いだ個人投資家の「まつのすけさん」と「御発注さん」の株アプリ活用術を紹介しよう!
トランプ米大統領のロシアへの情報漏えい疑惑が持ち上がり、不透明感が高まる中で、米国10年債利回りは2.2%割れの水準まで低下した。今後議会で医療保険制度改革法の代替法案や税制改革法案の審議が進まなくなる可能性は高く、米国の景気押し上げに期待ができなくなる中で米国長期金利が低位に安定するとの思惑は強まりそうだ。
 いい生活<3796.T>が後場に入って急騰し、一時ストップ高まで買われた。同社はきょう、VR(仮想現実)コンテンツのプラットフォームを提供しているナーブ(東京都千代田区)と業務提携したと発表。これが材料視されているようだ。  この提携を機に、ナーブが強みとする不動産会社向け「VR内見」などのソリューションを、いい生...
富裕層向けのライフサポートサービス「プレステージ・ゴールド」を徹底解説! 入会金は30万円、年会費は18万円のサービスの実力とは? さらに、「プレステージ・ゴールド」の入会金が無料になる、お得なクレジットカードも紹介! 「プレステージ・ゴールド」の会員は、スイートルームに無料で1泊できる「無料宿泊招待券」、高級レストランの食事が無料になる「無料食事招待券」、セレブなセミナーに無料で参加できる「交流会ペア招待券」など、さまざまな豪華特典を利用できる。それぞれの使い方やお得度を解説しよう。
新興国経済が調子を取り戻しています。国際通貨基金(IMF)の「世界経済見通し」によると新興国経済は2017年が4.5%、2018年が4.8%で成長すると見られています。大統領就任時、「新興国に対して厳しい態度を取るに違いない」と予想されていたトランプ政権ですが、実際に政権が始動してみると驚くほど弱腰で、新興国各国首脳や実業界はホッと胸をなでおろしています。先の第1四半期決算発表シーズンでも、新興国と関係の深い2つの機械メーカー、キャタピラーとディーアが良い決算を出し、投資家の注目を浴びました。
ストップ高で連日の年初来高値更新。同社子会社で仮想通貨取引所を運営するビットポイントジャパンが、国内大手コンビニチェーンとビットコイン決済の導入に向けて協議していると一部メディアが報じている。REMIXとビットポイントジャパンの社長を兼務する小田氏が当該メディアのインタビューで「現在既に大手コンビニと協議中で、早くて年末、多分来年には内容を発表できる」と話したという。 <HK>
昭和の雰囲気が漂うコメダ珈琲店が人気となっている。近年は全国各地に店舗を拡大して700店舗以上となり、国内で3位だ。この名古屋が発祥の喫茶店が、なぜ人気になったのかを解き明かす。
正午のドル/円は、26日のニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の111.37/39円。北朝鮮が早朝に弾道ミサイルを発射したとの報道を受け、ドルは111.15円付近まで下落したが、反応は一時的で、その後まもなく111.30円台に戻し、仲値を経てさらに111.47円まで反発した。月末を控えた実需のドル買いフローも散見さ
自動車業界は“ラストリゾート”だ──。米アップルなどのハイテク企業に代わって、自動車・部品メーカーが狙われた。特許を盾に賠償金を得る「パテント・トロール」の標的になっているのだ。
 FDK<6955.T>は売買代金を大きく膨らませて大幅反発している。一時、前週末比11円高の133円まで買い進まれている。日本経済新聞が29日付朝刊で「富士通研究所(川崎市)は希少金属(レアメタル)のコバルトに代わって安価な鉄を使うリチウムイオン電池用の正極材料を開発した」と報じたことにFDKの株価が反応している。 ...
前場の東京株式市場で、日経平均株価は前日比30円72銭高の1万9717円56銭となり、小反発した。前週末の米国株市場や為替など外部環境に大きな変化がなく、手掛かり材料に欠ける中、朝方は小幅高でスタートした。地政学リスクが意識され、寄り付き直後に一時マイナスに転じたものの、円相場が弱含むと再びプラスに転じ
ドイツ自動車大手BMW(BMWG.DE)は、イタリアの部品供給元での問題を受けて、同国のライプツィヒにある工場で生産停止を余儀なくされた。ドイツ誌フォークスのオンライン版が報じた。問題が発生したのはステアリング技術関連の部品を供給する
米国カリフォルニア州は、長年にわたって干ばつに苦しめられてきた。だが、今年の冬はかなりの量の雨が降った。貯水池のレベルが一気に回復しただけではなく、サンフランシスコ近郊ではダム決壊という大事故まで起きた。そして、雨の影響で道路が破損し、いまカリフォルニア州は新たな問題に直面している。
東芝の半導体事業をけん引してきたフラッシュメモリーを発明した舛岡富士雄・東北大学名誉教授。氏に東芝で経験した開発秘話と、この事業を手放すことになった東芝への思い、さらには、衰退著しい日本の半導体産業に向けての提言を聞いた。
「5月に売れ」という格言はウォール街でおそらく最も古いものだが、今年もその通りに実行している米投資信託が数多くあるようだ。S&P総合500種指数.SPXはこの半年のリターンが10.8%に上り、1
米サンフランシスコ地区連銀のウィリアムズ総裁は29日、過去数カ月は米インフレ指標の一部が弱含んだが、中期的な基調は依然として「かなり良好」との認識を示した。記者団に述べた。米経済は2%近い成長が続き、失業率は非常に低く、雇用創出も好調だと述べ、こうした状況によりインフレ率が2%へ上昇する公算が大きいとの
急反落。6月15日付でジャスダック(スタンダード)から東証1部または2部に市場変更すると発表している。ただ、同時に公募による自己株式の処分及び株式売出しの実施を発表しており、需給懸念が株価の重しとなっているようだ。自己株式の処分は100万株、株式売出しは58万5600株、オーバーアロットメントによる売出しは23万7800株となる。 <HK>
英航空会社ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)(ICAG.L)は28日、システム障害により運休していたロンドン2空港から出発する便を一部再開した。ただ、まだ数百人の乗客が空港に待機しているもようだ。同社はまずヒースロー空港発航空便の大半
米サンフランシスコ(SF)地区連銀のウィリアムズ総裁は米経済について、連邦準備理事会(FRB)が掲げる完全雇用と物価安定の目標に一致しているか、またはそれに近い状態にあるとの認識を示した。金融政策を段階的に正常化するに当たり、市場が安定を保つよう留意する考えも強調した。総裁は29日に行う
早稲田アカデミー<4718>は25日、2017年3月期の剰余金配当を発表。2017年3月期の期末配当は直近の配当予想どおり1株当たり20円。実施済の中間配当10円と合わせると、年間配当金は1株当たり30円になる。2016年3月期の年間配当は、同額の30円であった。 <TN>
Investment Dashboard