>
Investment News
米国株式市場は小幅続伸して取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)が公表した1月の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨で、追加利上げを「忍耐強く」判断する姿勢が再確認された。
ユーロ圏の短期金融市場が、欧州中央銀行(ECB)の利下げを織り込むような動きを示している。英国の欧州連合(EU)離脱と世界的な貿易摩擦を背景に、ユーロ圏の景気見通しが悪化しているためだ。
米連邦準備理事会(FRB)のクラリダ副議長は、12─1月の米政府機関一部閉鎖の影響で十分な経済指標を入手できていないことから、米経済成長がどの程度鈍化しているのか見極めることは難しいとの見解を示した。
米連邦準備理事会(FRB)が20日に公表した1月29―30日の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨によると、FRBが「忍耐強い」政策を続ける期間について新たな手掛かりはなかった。また、4兆ドル規模のバランスシートの縮小を巡る計画を「近いうちに」発表するとしているが、詳細は不明瞭なままだ。
<為替> 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが対円で上昇したほか、対ユーロでも下げ渋った。連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で米経済や労働市場は依然堅調との認識が示されたことで、年内少なくとも1回は利上げがあるとの見方が広がった。
韓国のサムスン電子<005930.KS>が20日、次世代通信規格(5G)に対応し、折り畳み可能なスマートフォン「ギャラクシーフォールド」を公開した。4月26日から1980ドルで売り出す。
メイ英首相は、ホンダ<7267.T>が2021年中に英国での四輪車生産を終了し、スウィンドン工場を閉鎖すると発表したことについて、非常に失望したが、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)のせいではないと述べた。
終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが対円で上昇したほか、対ユーロでも下げ渋った。連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で米経済や労働市場は依然堅調との認識が示されたことで、年内少なくとも1回は利上げがあるとの見方が広がった。
終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが対円で上昇したほか、対ユーロでも下げ渋った。連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で米経済や労働市場は依然堅調との認識が示されたことで、年内少なくとも1回は利上げがあるとの見方が広がった。
米電気自動車大手テスラは20日、昨年末に就任したばかりのデーン・ブツウィンカス法務部長が退社すると発表した。同社は幹部の退社が相次いでいる。
Investment Dashboard