>
Investment News
「働き方改革」に取り組む日本にとって参考になるのが「ワークライフ・バランス先進国」オランダだ。かつて「オランダ病」と揶揄された経済の窮状を建て直した過程には、かの国の“ある文化”が大きく影響していた。それはどんなものだったのか。
オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)は20日、今月開催した理事会の議事要旨を公表した。インフレ押し上げには賃金上昇の加速が必要であり、政策金利は当面、据え置きが続くとみていることが明らかになった。世界経済の同時回復などを背景に、国内経済の見通しに対する信頼感を強めたことも明らかになった。ただ、低水準にとどまるインフレや緩慢な所得の伸びと、高水準の家計債務のバランスを取る必要があることから、政策金利は当面、過去最低水準にとどまる見通しだ。中銀は2016年8月以来、政策金利を1.50%に据え置いている。議事要旨では、低金利に支えられて失業率は5.5%に改善し、インフレ率も目標レンジの2─3%に近付いたと指摘し、「今後、これらの目標でさらなる前進が見込まれる」とした。ただ、「インフレ率の上昇はごく緩やかなものにとどまる可能性が高い」としたほか、「家計所得の増加が予想を下回れば、消費の伸びが予想より弱くなるリスクがなお残る」との見方を示した。一方で、政府のインフラ投資によって鉱業以外の民間投資が増加していることなどにも言及した。今後数年間の国内総生産(GDP)成長率については、平均で「3%をやや上回る水準」になると予想した。為替相場については、豪ドルが上昇すれば経済成長やインフレの加速が鈍化する恐れがあるとした。*内容を追加しました
米長期金利US10YT=RRの上昇を受け、金融庁が地方銀行20行程度を対象に外債の運用状況を緊急調査したことがわかった。関係筋が20日、ロイターの取材に答えた。今回の調査では、調査対象の全行が含み損を抱えていたことが判明。中には年間のコア業務純益に相当する含み損を抱えた地銀もあった。金融庁は改めて、外債運用体制の整備を求める方針。 金融庁は2016年にも、米大統領選後に米金利が急上昇した局面で、地銀の外債運用体制を調査。一部の地銀には立ち入り検査を実施し、運用経験が乏しい人員を運用部門に配置するなどの問題点を指摘し、改善を求めた。今回の調査では、その際に問題が認められた地銀が対象となった。麻生太郎金融担当相は20日の閣議後会見で、外債保有比率の高い一部の地銀で含み損を抱えているところもあると指摘。そのうえで「危険な状況になっているわけではない」と述べた。
日経平均株価は、2月14日に2万1078.71円を割り込み、2万0950.15円でダメ押ししたところで、目先の底入れを果たしました。ちなみに、2月14日終値は、2万1154.17円と2万1078.71円を上回っており、終値ベースでのチャート的な完全な底割れは回避されました。これをポジティブに捉えた投資家は多かったことでしょう。その結果、市場では売り方の買い戻しと、自律反発狙いの買いが加速し、日経平均株価は15日から19日まで3連騰し、終値ベースで995.04円上昇しました。日経平均株価に関しては、2月14日の2万0950.15円が「1番底」になったとみています。また、私は、この2万2152.85円~2万2353.87円のゾーンが、当面の上値抵抗帯になると考えています。
2月ロイター企業調査では、今年の春闘でベースアップを実施する企業が増えて半数近くにのぼることが明らかとなった。また3%という政府からの賃上げ要請を「現実的な目標」と捉える企業が、年初来増えていることが分かった。働き方改革に伴う長時間労働削減の動きが広がっているが、残業減が労働コスト削減につながっている企業は3割程度。それらの企業では、社員にその分を還元し、収入の減少につながらないよう対応する予定だ。他方で、非正規社員と正規社員の同一労働同一賃金実施により過半数の企業でコストが上昇するとみており、特に非正規比率の高い業種ではコストの大幅な上昇が懸念されている。この調査は、資本金10億円以上の中堅・大企業400社を対象に1月31日─2月14日に実施。回答社数は236社程度。<ベア実施企業、5割近くに増加>今春闘でベースアップを実施する方針の企業は、昨年より約10ポイント増の5割程度となり、前年以上のベアを予定している企業が増えた。理由として「業績の向上」(化学)に加え、「人員不足が深刻であり、待遇改善が必要」(食品)といった理由が挙げられている。また「政府や経団連の方針でやむを得ず」(輸送用機器)といった回答も複数あり、外部圧力も効果があったようだ。他方で、実施しない方向との回答は52%と、昨年調査の63%からは減少。「今後の経営環境悪化時に重荷になる」(輸送用機器)、「従来通り賞与に反映させる」(サービス)といった企業や、「評価反映による昇給を重視し、一律の賃上げは縮小する」(輸送用機械)といった方針を掲げる企業もある。// 安倍晋三首相が要請している3%賃上げについても、経団連が呼びかけた効果もあり、やや浸透し始めたことがうかがえる。「現実的な目標」との見方が12月調査から2カ月の間に10ポイント増加して41%を占めた。「あまり現実的でない目標」との見方は52%、「全く論外」は7%。// <働き方改革、3割が残業削減で社員還元へ>働き方改革に取り組む企業は多いが、長時間労働の削減により労働コストが減った企業は32%。全体には広がっているとは言えない。もともと長時間労働が少ない企業もあるが、むしろ、景気状況が非常に良い現状では労働時間の削減は難しいということもある。「生産が逼迫している」(機械)、あるいは「社員による協力が進まない」(同)など多忙な状況があるほか、「時間短縮はかえって人員増に反映される」(不動産)などのコメントもある。さらに「採用コストの上昇」(サービス)といった事情も影響している。長時間労働削減で残業代が減少した分を社員に還元する予定があるとの回答は29%。労働コストが減った企業のほとんどが、その分を還元する方針であることがわかった。「組合にはベアで還元すると説明している」(運輸)という企業や、「賞与の上乗せ」(建設など複数)、「福利厚生の形で還元」(小売)など、還元方法はさまざまだ。// <非正規同一賃金、自動車・小売・運輸でコスト大幅上昇>働き方改革では、非正規と正規社員の間で同一労働同一賃金の実施が求められることになっている。2019年なし20年をめどに実施される予定だが、非正規社員に頼っている業種もあり、「労働コストはかなり上昇する」との回答は11%。特に非正規社員の多い「小売」、「運輸」、「輸送用機器」からのコメントが目立つ。「パートタイムの非正規社員の人数構成が高い」(小売)、「工場で作業を行う正規従業員を基準とする場合に、大きなコスト上昇が懸念される」(輸送用機器)という。また「非正規社員のコストはかなり抑えられている」(機械)企業には負担増が大きい。「社会保険料の負担が増加する」(輸送用機器)、「付随する諸手当が加算される」(小売)といったコストも発生するようだ。雇用契約が通算5年を超える非正規社員の無期雇用転換が4月に始まるが、その前に「雇い止め」を行った、または行う予定があるとの回答は11%となった。「誰でも正規社員に登用するつもりはない」(輸送用機器)、「コストアップになる」(サービス)といった理由からだ。もっとも9割の企業は「雇い止めは行わない」方針。「製造ラインが人手不足だから」(食品)、「経験を重視している」(機械)、「必要な人は無期雇用とすべきだと考えている」(機械)という。// (中川泉 編集:田中志保)
環太平洋連携協定(TPP)の首席交渉官・梅本和義氏は20日、ロイターのインタビューで、1月に11カ国が新協定の締結で合意した後、トランプ米大統領がTPPへの復帰に意欲を示したことについて「少しでも前向きになることは歓迎する」と述べた。TPPは、米国がオバマ前政権だった2016年2月に12カ国がいったん署名したものの、昨年1月に誕生したトランプ政権が離脱を表明。日本など他の11カ国は今年1月、協定内容の一部項目を凍結した新協定「包括的および先進的環太平洋連携協定(CPTPP)」の3月署名を目指すことで合意した。梅本氏は、一部を凍結した新協定でも交渉には半年かかったと指摘。米国が復帰を目指したとしても協定の再交渉には時間がかかることを示唆した。安倍晋三首相は1月、衆院予算委員会で、トランプ大統領がTPP復帰に言及したことについて「歓迎したいが、TPP11ですでに合意した。ガラス細工のようなもので、変更は考えていない」と述べ、再交渉を否定した。梅本氏はまた、ニュージーランドのアーダーン首相が20日、CPTPPの最終的な条文が21日に発表されると明らかにしたことを受け、日本も同時に条文を公表すると語った。フランス語とスペイン語の翻訳文の精査が終わったタイミングでの公表になるとした。英国が欧州連合(EU)離脱後のTPP参加に関心を示していることについては「TPPは高いルールに基づく開かれた協定であり、地理的な制約はない」と述べる一方、まずはEU離脱がどうなるかが先だとの見方を示した。 (金子かおり、宮崎亜巳)
英国の最大野党・労働党のジェレミー・コービン党首は、同党が政権を奪還すれば、同国の金融セクターが「全ての人の支配者ではなく、産業に奉仕する」ことになるとの見解を示す見込みだ。社会主義寄りのコービン党首は、サービスの再国有化や公共支出の拡大を訴えて多くの支持を集める。利益の多いロンドンの金融セクターを以前から批判しており、政治家はあまりに長期間、マネーメーカー(金もうけのうまい人)の奴隷に成り下がってきたと非難した。党首は製造業者の会議での演説で、2022年以降行われる選挙で政権を取った場合、国内経済のリバランスを進めると改めて表明する見通し。さらに、保守党を率いるメイ首相は欧州連合(EU)離脱を巡る明確な見通しを示せていないと批判するとみられる。コービン党首は「一世代の間、金融が産業に奉仕せず、政治家が金融に奉仕してきた。その結果、生産的経済、わが国の公共サービスと国民生活は少数の『大き過ぎてつぶせない』銀行とカジノ金融業者に人質として取られてしまった」と批判。「もはやそれも終わりだ。次の労働党政権は40年ぶりに、実体経済のために立ち上がるだろう。わが党は金融を、全ての人の支配者ではなく、産業への奉仕者とするため断固たる行動を取る」と述べる予定だ。さらに、自動車部品大手GKN(GKN.L)に対する投資会社メルローズ(MRON.L)の敵対的買収案に言及。「われわれはGKNのような企業の成長を適切に評価しているが、同社の崩壊の可能性に直面している時、対応するすべがない」とし、「次の労働党政権は『公益性テスト』の範囲を広げ、国内の産業基盤を破壊する敵対的買収を防ぐため政府が介入できるようにする」考えだ。大手企業は労働党に対し警戒しており、米モルガン・スタンレーは投資家に対し、コービン党首の政権奪還はEU離脱以上の政治リスクになると警告した。*本文1段落目と5段落目の表現を明確にしました。
前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比265円00銭安の2万1884円21銭となり、4日ぶりに反落した。欧州株安に加え、前日までの3営業日で1000円近く上昇した反動から、利益確定売りや戻り待ちの売りが優勢となった。安く寄り付いた後も水準を切り下げ、一時2万1831円45銭に下落し、300円超安となる場面もあった。2月前半の相場急落時に比べ、ボラティリティーは低下しているが「相場急落の引き金になった米国の金利上昇や利上げペース加速への懸念は消えておらず、株価の上値を抑えている」(三木証券の投資情報部課長、北沢淳氏)との声が出ていた。TOPIXは1.07%安。東証1部の午前中の売買代金は1兆0958億円。東証33業種のうち、パルプ・紙を除く32業種が下落した。セクター別では銀行が下落率トップ。機械、保険、電気機器がこれに続いた。一方、米長期金利US10YT=RRの上昇を受け、金融庁が地方銀行20行程度を対象に外債の運用状況を緊急調査したことが分かったと伝わった。関係筋が20日、ロイターの取材に答えた。今回の調査では、調査対象の全行が含み損を抱えていたことが判明。中には年間のコア業務純益に相当する含み損を抱えた地銀もあり、改めて外債運用体制の整備を求める方針。東証1部の騰落数は、値上がり647銘柄に対し、値下がりが1335銘柄、変わらずが82銘柄だった。
「もはやFIT頼みでは太陽光発電事業は続かない」。昨年から業界関係者の間ではそんな声が多かったが、いよいよそれが現実化しつつある。2月7日、2018年度の再生可能エネルギー(再エネ)の固定買い取り価格の値下げが決まった。FITとは再エネの固定価格買い取り制度のことで、太陽光や風力などで発電した電気を、電力会社が一定期間同じ価格で買い取る制度だ。
英国のデービス欧州連合(EU)離脱担当相は、欧州諸国の経済を弱めるために英国が規制撤廃を進める計画はないとの考えを示した。オーストリアの企業幹部ら向けに20日行うスピーチの原稿で明らかにした。デービス氏は、EU離脱後に英国が規制撤廃に力を入れると考えるのは誤りだと指摘。「EU離脱がアングロ・サクソンによる下向きの競争につながるという懸念がある。英国がマッドマックス的な世界に突入するというのはディストピア(暗黒郷)の作り話だ」とし、EU側の懸念を一蹴した。その上で、英国は世界の最高基準を維持し、労働者の権利や金融規制、環境などの規制にコミットするとし、英国と欧州の規制当局による相互承認を継続したいと述べた。
値上がり益も狙える「買い」の高配当株ランキングを紹介!2月21日発売のダイヤモンド・ザイ4月号では、「初心者向けで安心」「増収増益が続く好業績」「業績好転中の中小型」など7つのタイプ別に、値上がりも狙えて“儲かる”高配当株86銘柄を公開している。今回は、掲載している高配当株86銘柄の中から、利回りランキングBEST10を発表しよう!
ソニー(6758.T)とグリーンキャブなどタクシー会社6社は、人工知能(AI)を活用した配車サービスを提供する新会社設立で合意し、20日に意向確認書を締結した。ソニーが提供するAIによってタクシー需要を予測し、より効率的な配車サービスを目指すとしている。新会社を設立するのは、グリーンキャブのほか国際自動車、寿交通、大和自動車(9082.T)、チェッカーキャブ無線、日の丸交通のタクシー6社と、ソニーインベストメントサービス。7社は今年春の新会社設立を目指している。新会社は、ソニーが開発したAIを活用した配車サービスの開発と運営、アプリケーションや関連サービスの開発・運営、タクシーデータの活用などを行う。6社は東京都内で計1万台を超えるタクシーを保有し、新しい配車サービスを会社の枠を超えて利用し、経営効率の向上を図る。タクシー業界では、第一交通産業、日本交通グループがAIを活用した配車サービスに乗り出しており、AIを使った新サービスの発案でしのぎを削ることになりそうだ。 (田巻一彦)
株式投資で「損」をしてしまったとき、「税金」を取り戻す方法を株初心者にわかりやすく解説!株式投資をはじめてみたら、「さっそく『損』を出してしまった」という株初心者の方もいることでしょう。しかし、落ち込んでばかりいる必要はありません! なぜなら、株式投資で損した分を少し取り戻せる“裏ワザ”があるからです。なんと「確定申告」をすれば、株式投資で支払った税金の一部が戻ってくることがあります。そこで今回は、株式投資で損を出してしまった場合に「確定申告」で税金を取り戻す方法を、株初心者にわかりやすく解説します!
世界貿易機関(WTO)前事務局長のパスカル・ラミー氏は19日、国連貿易開発会議(UNCTAD)主催のイベントで講演し、WTOは米国抜きの将来に備える必要があるとの見方を示した。米国はWTOの紛争処理機関である上級委員会の新委員任命を阻止し、WTO内に混乱をもたらしている。米当局者は新委員の選任を進めるための条件を示しておらず、欠員がさらに1人増える9月までに事態が解決する兆しは見られない。ラミー氏は「大国が国際的な規律に基づく貿易ルールに従いたくないのであれば、他国は対応する必要がある」と述べた。加盟国が望むプランAは、米国に問題点を問い、解決を提案することだろうとした上で、プランBは「米国抜きでシステムを機能させる」ことだとし、「プランBの存在が伝われば、プランAがよりうまく進むかもしれない」と付け加えた。また、米国の戦略がもたらす結果は3つあり得るとの見方を示した。最も穏やかなシナリオは、米国の懸念を踏まえてWTOの判例法を見直すことであり、その次は貿易規律や法執行の弱い、WTO創設前の状態に戻ることだと指摘。3つ目は、米国が離脱するか、他の加盟国が米国抜きのWTOを構築することだと述べた。ラミー氏は、中国を巡る米国の不満は共感できる部分もあるとしながら、トランプ大統領やその顧問らは貿易について「中世」のような古い考え方をしており、グローバルなバリューチェーンという現代の現実とは相容れないとの見方を示した。
JA柏崎(新潟県)による組合員への物品販売では、改革と逆行するような呆れた実態があることが「週刊ダイヤモンド」の調べで明らかになった。農業振興と関係がない輸入食品が中心の“お歳暮の販売のノルマ”を職員に課していただけでなく、JA幹部による組織の私物化を疑われても仕方のない裏事情があることも発覚した。
女性は男性にが「男らしさ」を感じるポイントは、手首や首筋などの“筋っぽさ”。ここに洋服にマッチした小物をつけると、モテること間違いなしです。
スピードスケート女子500mで小平奈緒が、ついに世界の頂点に立った。ただひたすら速く滑ることを追い求め、地道な努力を重ねて31歳で咲かせた大輪の花だった。そしてその快挙とともに一躍注目を集めたのが、所属先である相澤病院だ。
債券市場は、世界の物価がついに上向きになったと宣言したように見える。しかしデータ面ではまだそれは確かに裏付けられてはおらず、金融危機以来の低いトレンドはまだしばらく続くかもしれない。
正午のドル/円は、前日の欧州終盤に比べてドル高/円安の106.76/78円だった。ドルは朝方につけた安値106.56円から仲値にかけてじり高となり、106.79円まで上昇した。「日々買わなければならない輸入企業などから淡々と買いが入っていた」(邦銀)という。休み明けの米国市場の動向を見極めたいとする向きも多く、106円後半では買いが続かなかった。豪中銀(RBA)理事会議事要旨への反応も限定的だった。インフレ押し上げには賃金上昇の加速が必要であり、政策金利は当面、据え置きが続くとみている。[nL4N1QA07P]9日に一時1バレル58ドル付近までに下落していた米WTI原油先物CLc1が62ドル台を回復してきていることは、資源国通貨である豪ドルの支援材料になるとの指摘もあった。豪ドル/円は「日足一目均衡表の転換線84.66円を明確に上抜けてくれば、同基準線80.20円辺りまで戻りを試しそう」(SMBC信託銀行)だという。
体格に恵まれていたわけでもない。誰もが認める豪速球があったわけでもない。注目の高校球児だったわけでもない。天才的なセンスや嗅覚があるわけでもない──。そんな「ふつうの野球少年」だった、東京六大学野球奪三振記録、新人王、MVP、最多勝、最高勝率などの記録を打ち立てられたのか。球界きっての「思考派」と呼ばれる、福岡ソフトバンクホークス現役エース・和田毅が「練習について」のすべてを語る。
Investment Dashboard