>
Investment News
モデルのイギリス人女性を誘拐し、通常の検索エンジンでは見つからない「ダークウェブ」でオークションにかけてポルノサイトに出演させようとしたとして、イギリスに住むポーランド人の男が7月17日イタリア警察に逮捕された。この男が、女性をさらってネットで売る闇の犯罪組織「ブラック・デス」の一員を名乗っており、波紋が広がっている。
ドイツ連邦統計庁が発表した7月の生産者物価指数(PPI)は、前月比0.2%上昇、前年比2.3%上昇した。ロイターがまとめたエコノミスト予想は、前月比0.1%上昇、前年比2.2%上昇だった。6月は前月比横ばい、前年比2.4%上昇だった。
米政府の債務不履行(デフォルト)リスクに対し、金融市場の懸念が表面化しつつある。資金手当てができている9月末までに米議会が債務上限の引き上げを承認するのか、予断を許さない情勢になっているためだ。背景にはトランプ政権の迷走もあり、世界最大の米国債保有国である中国と日本が利払いを受けられないという「悪夢」が「正夢」になる可
内閣改造後の安倍政権において、秋の経済政策の目玉は“人づくり革命”だ。その1つとして、出世払いでの教育国債による大学の無償化が謳われているが、海外の政策を真似た教育国債は過去の政策の失敗を繰り返す可能性が高い。どこが問題なのだろか。
ビジョンを掲げる人間=ビジョナリストの対談企画、今回は「ひかりTV」を運営するNTTぷららの板東浩二社長が「下町ボブスレー」を始めた細貝淳一氏を訪ねた。なぜ下町の町工場の社長が「ボブスレーの代表チームにソリを送ろう」と考え、1円たりとも投ぜずプロジェクトの知名度をあげることができたのか。聞けば、ビジョンの描き方と、メディアの利用法が見えてきた。
日本が世界に誇るソウルフードといえば、ラーメン。中国でも日式ラーメンの人気は絶大だ。とはいえ、その味は日本で定番の醤油ラーメンではない。なぜか、人気店の日式ラーメンは軒並み、豚骨ラーメンなのである。
中国への旅行や出張で活躍する「銀聯(ぎんれん)カード」をお得に発行する方法とは? 今なら、「MUFGカード」が発行する「銀聯カード」の新規発行手数料が無料(通常1000円)になるキャンペーンを実施中! さらに、「銀聯カード」の家族カードも発行手数料が無料に! 「MUFGカード ゴールド」や「MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」を保有して、お得に「銀聯カード」を手に入れよう!
上海証券報は18日、中国政府による「影の銀行」(シャドーバンキング)規制により一部地方銀行の成長に悪影響が出ており、バランスシートが大幅に縮小しているところがあると報じた。リスクの高い融資形態の抑制に当局が努力していることを示唆した。銀行規制当局は、過去10年以上にわたり積み上がってきた大規模な債務を縮
正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ小幅にドル安/円高の109.43/45円。前日海外市場で、スペイン東部バルセロナの車突入事件で死者が出たとの報道や、ゲーリー・コーン国家経済会議(NEC)委員長辞任の憶測などを受け、ドルが売られた流れを引き継いだ。ドルは一時109.30
芳香剤や香りの付いた柔軟剤を依存症かと思うくらいに使いまくる妻に対して夫はたまらずに注意した。そうすると、妻は急に泣き崩れた。どうやら、体臭恐怖症のようだった。
前場の東京株式市場で、日経平均株価は前日比201円10銭安の1万9501円53銭となり、大幅3日続落した。一時260円超安となり、取引時間中としては5月2日以来約3カ月半ぶりの安値水準を付けた。米政治不安やスペインでのテロとみられる車両突入事件などを受け、外部環境への懸念が高まった。為替は1ドル109円台前半まで円高が
出勤日も出勤・退勤時間も自由、欠勤の連絡をしなくてよい、好きな作業だけやればよい…。イマドキ、そんな非常識とも思える職場が大阪にある。「その会社には何か裏があるのでは…?」と思って読んでみると、社長がどうしてこのような会社にしたのかが見えてくる。
ベネズエラのマドゥロ政権による反体制派の弾圧を嫌い、一部の機関投資家が同国債の保有を敬遠している。これをきっかけに、他の新興国債券についても環境、社会、ガバナンス(ESG)を投資の判断基準とする動きが広がるかもしれない。株式でESG投資が根付いているのに対し、債券市場のそれはまだ緒に就いたばかりだ。
今年に入ってからのドルの幅広い下落は、米国の7月から来年末までのコア物価上昇率を小幅にしか押し上げない──。ゴールドマン・サックスのエコノミストチームは17日、こうした見通しを示した。ゴールドマンは調査ノートに「コア消費輸入物価が2014─16年に意外にもほとんど下がらなかったように、最近のドル安と輸入
米国立健康統計センターの調査によると、米国のハイティーン男女のセックス経験率は40%程度のようだ。
日米両政府は、10月中旬に予定している日米経済対話を前に、麻生太郎副総理兼財務相とペンス米副大統領の会談を開く方針だ。複数の政府関係者が18日、明らかにした。今回の会談は非公式との位置付けで、両政府は9月5日か6日に米国で開催する方向で調整に入った。麻生・ペンス両氏をトップとする日米経済対話は、貿易・投
帰省にあたって、仕事以上に気疲れしてしまった……という人もいるのではないだろうか。久しぶりに親戚と顔を合わせる機会だからこそ、ひと悶着も起こりやすい。帰省で直面してしまった修羅場について話を聞いた。
帰省にあたって、仕事以上に気疲れしてしまった……という人もいるのではないだろうか。久しぶりに親戚と顔を合わせる機会だからこそ、ひと悶着も起こりやすい。帰省で直面してしまった修羅場について話を聞いた。
東京株式市場で日経平均は大幅に3日続落した。終値は節目の1万9500円を割り込み、5月2日以来約3カ月半ぶりの安値で引けた。米政治不安やスペインでのテロとみられる車両突入事件などを受け、外部環境への懸念が高まった。為替が1ドル109円台前半まで円高に進み、主力輸出株は総じて軟調だった。後場は日銀ETF(上場投信)買いの
午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル安/円高の109.32/34円だった。株安を眺めて上値の重い展開が続いた。前日海外市場で、スペイン東部バルセロナの車両突入事件で死者が出たとの報道や、ゲーリー・コーン米国家経済会議(NEC)委員長の辞任観測などを受けてドルが売られた流れを引き継いだ。
Investment Dashboard