>
Investment News
中国国家統計局が発表した第3・四半期の国内総生産(GDP)は、前年同期比6.8%増となり、予想と一致した。第2・四半期の6.9%増から減速した。第3・四半期のGDPは、前期比では1.7%増。第2・四半期は1.7%増から1.8%増に改定された。ロイターがまとめた市場予想は、
米国株式市場ではダウ工業株30種が終値で初めて2万3000ドルを上回り、S&P総合500種とナスダック総合も終値での最高値を更新した。IBM(IBM.N)に買いが入り相場をけん引。同社は前日に発表した決算で、過去6年近く減少が続いた売上高が増加に転じると
「時短」から始まった働き方改革は、ここにきて生産性向上が主要なテーマとなってきている。仕事量が同じなまま、働く時間を減らしたところで、どこかにしわ寄せがくる。自宅に持ち帰るか、スタバでやるか。働き方改革とは、そもそも仕事の効率を高めることが本質であると気づいたからにほかならない。
ビジネスの場で「できない理由」を挙げることは日常茶飯事で、ついつい受け入れてしまいがち。もちろん、その時点で障害となる要因を正しく認識することは大変重要だが、一方でできない理由を挙げることに思考を使いすぎると物事が全く前進しない。グローバル仕事人の打開策とは?
<為替> ドルが下落。9月の米住宅着工件数が1年ぶりの低水準となったことを受けた。主要6通貨に対するドル指数.DXYは一時93.797まで上昇したものの、終盤の取引では0.12%下落の93.371となっている。ウェルズ・ファーゴ証券(ニューヨーク)の外為ストラテジスト、エリック・ビロリア
ニューヨーク外為市場では、9月の米住宅着工件数が1年ぶりの低水準となったことを受けドルが下落した。主要6通貨に対するドル指数.DXYは一時93.797まで上昇したものの、終盤の取引では0.12%下落の93.371となっている。ウェルズ・ファーゴ証券(ニューヨーク)の外為ストラテジスト、エ
ハーバード大学の知日派教授と聞いて誰もが真っ先に思い浮かぶのは、エズラ・ヴォーゲル教授だろう。1979年に出版された『ジャパン アズ ナンバーワン: アメリカへの教訓』は日本国内で70万部を超えるなど、世界的な大ヒットを記録した。日本、中国、アメリカという三つの国を社会学の観点から徹底的に研究しつづけてきたヴォーゲル教授に、日本が世界に与えた影響とトランプ政権の今後についてうかがった。
若者の「右傾化」が言われるが、「外交に関する世論調査」を追えばそれほどではない。一方で第二次安倍政権のもとで「自民党支持」が強まった。若者は雇用に関心が高いうえ、安倍政権批判を展開するテレビを見ずネットから情報を得ているからだと考えられる。
米連邦準備理事会(FRB)のパウエル理事は18日、ニューヨークで講演し、技術革新により金融業界の決済システムが「重要な岐路」に立つなか、FRBが決済の安全性確保に一層注力する方針であることを明らかにした。パウエル氏によると、FRBは来年初頭に決済の安全性を巡る問題を分析するための調査を開始するとともに、
財務省が19日発表した9月貿易統計速報は、貿易収支が6702億円の黒字だった。黒字は4カ月連続。ロイター予測中央値の5598億円の黒字を上回った。2017年4─9月の上半期では1兆9190億円の黒字で、4期連続の黒字を記録した。9月の輸出は前年比14.1%増の6兆8110億円となった。増加品目は原動機(
トランプ米大統領が「数日中」に連邦準備理事会(FRB)次期議長人事について発表すると、ホワイトハウスのサンダース報道官が18日明らかにした。トランプ大統領は19日に2月に任期満了となるイエレンFRB議長と面談する予定。トランプ大統領は候補者を5人に絞り込んでいるとされ、イエレン議長もこの5人に含まれる。
トイレの使用状況がスマホやPCで一目で分かる「IoTトイレ」。お腹の弱い社員が開発したという「IoTトイレ」、デスクワーク従事者の多い企業から好評を博しているという。
寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比86円99銭高の2万1450円04銭となり、続伸して始まった。前日の米ダウ.DJIは終値で初めて2万3000ドルを突破。外為市場では一時1ドル113円台まで円安
日本取引所グループ(JPX)(8697.T)は19日、米先物取引所運営大手CMEグループ(CME.O)とともに、2018年1─3月期にCME Globexにおいて、円建てのTOPIX先物
医師の処方箋が必要な医療用医薬品(処方薬)から、処方箋不要のOTC(大衆薬)に転用された医薬品をスイッチOTCという。国が主催する転用の検討会では7月に緊急避妊薬が俎上に上り、スイッチOTCにあらためて注目が集まっている。スイッチOTCのキーパーソンへのインタビューを全4回でお届けする。
米国セールスフォース・ドットコムは、今会計年度通期の売上高が100億ドル(約1兆1000億円)に到達する見通しを発表している。企業向けクラウドアプリケーション専業企業では初の快挙だ。成長を続ける同社の次の目標は何か。9月に来日したキース・ブロックCOO(最高執行責任者)に聞いた。
日銀の中曽宏副総裁はニューヨーク連銀主催のセミナーで18日(現地時間)に講演し、先行きの金融政策運営について、経済・物価・金融情勢を踏まえ、必要ならイールドカーブの形状についても調整を行っていくと語った。また、金融システムの不安定化などの副作用をできるだけ小さくしながら、最適な金利水準を実現していく必要があるとも述べた
ベテラン社員たちから「40年以上前から不正があった」など、驚きの証言が出ている神戸製鋼所。ちょうどその時代、不正につながったのではないかと思われる、神戸製鋼とソ連(当時)との密接な関わりがあった。
今月はピンクリボン月間──乳がん啓発月間だ。日本の女性は40歳未満の若年成人と60歳未満の閉経前に発症のピークがある。乳がんは現役世代を直撃するのだ。万が一、妻が乳がんに罹患したら配偶者にどんな影響があるのだろう。
今年6月、三菱東京UFJ銀行は小山田隆前頭取の健康問題を理由として、三毛兼承頭取の就任を決めた。突然のトップ交代劇からの4カ月間で感じたことや、銀行単体からグループ連結へと経営の重心が移りゆく中での銀行頭取の役割について、三毛頭取に聞いた。
Investment Dashboard