>
Investment News
全米リアルター協会(NAR)が22日発表した2月の米中古住宅販売戸数(季節調整済み)は年率換算で前月比11.8%増の551万戸と、2018年3月以来11カ月ぶりの高水準となった。増加率は15年12月以来の大きさだった。米連邦準備理事会(FRB)による利上げ停止が米経済を押し上げ始めている兆しだ。市場予想は510万戸だった。
米商務省が22日公表した1月の卸売在庫は前月比1.2%増加し、2012年9月以来約6年ぶりの大幅な伸びを記録した。12月分は1.1%増と当初の発表から変わらずだった。
米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は、20日までの連邦公開市場委員会(FOMC)後の会見で、ファンダメンタルズは「非常に強く」、経済は「良好な状態」にあり、先行きは「明るい」と強調した。
ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁は22日、欧州連合(EU)首脳に対し、企業は英国の合意なきEU離脱への備えを強化する必要があるとの見解を示した。EU筋が明らかにした。
ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)のセンテノ議長は22日、欧州はドルの支配や全般的な不透明感に見舞われており、経済・通貨統合の完成を通じて、ユーロの国際的な役割を拡大する必要があるとの認識を示した。
トランプ米大統領は22日、連邦準備理事会(FRB)理事に大統領選挙の陣営顧問を務めた保守系経済コメンテーター、スティーブン・ムーア氏を指名する予定を明らかにした。
イタリアを訪問した中国の習近平国家主席は22日、イタリアと中国は貿易と投資の結びつきを強化することにより、古代シルクロードの精神の復活を目指すと述べた。
預金保険機構は22日の運営委員会で、金融機関が負担する預金保険の保険料率を2019年度は0.033%とし、18年度の0.034%から引き下げることを決めた。金融庁と財務省の認可が下りれば、3年連続での引き下げになる。
22日の米債券市場で3カ月物財務省短期証券(Tビル)と10年債の利回りが2007年以来約12年ぶりに逆転した。製造業統計が予想を下回る中、景気の減速が意識されている。
米ゼネラル・モーターズ(GM)は22日、デトロイト郊外の組立工場に3億ドルを投資し、「シボレー」の新型電気自動車(EV)を生産する計画を正式発表した。新型EV生産に絡み400人の雇用を創出する方針も示した。
Investment Dashboard